[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

新型ポルシェ911(992) 日本人ジャーナリストの評価 島下泰久編 海外試乗

2019.05.28

カレラSとカレラ4Sの差はごくわずか

今回テストしたのは、この2モデルにリアアクスルステアリング、電子制御式スタビライザーのPDCCなどを装着した、ほぼフルオプションの車両であった。

従来より着座位置がわずかに下げられたドライバーズシートに身体を滑り込ませると、中央の回転計だけアナログのまま残され、その左右に7インチTFTモニターを配置したデジタルメーターパネル、大型タッチスクリーンを用いたPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメント)などがハイテク感をアピールする一方で、ダッシュボードは水平基調のデザインとされ、空冷時代の911のような5連メーター表示に切り替えると、むしろ懐かしい匂いもして面白い。

走らせると、まずは乗り心地の良さに面食らった。凄まじい剛性感のボディを土台にサスペンションがよく動いて、至極快適なのだ。

低回転域からトルキーでツキの良いエンジンを活かして、8速PDKは低い回転数でどんどんシフトアップし巡航モードに入る。下手なセダンより余程快適とすら感じる。

カレラSとカレラ4Sの差はごくわずか。ありきたりだが軽快感なら前者、安定感なら後者にそれぞれ分がある。

 
最新試乗記