新型ポルシェ911(992) 日本人ジャーナリストの評価 島下泰久編 海外試乗

2019.05.28

サーキットでの好パフォーマンス

この快適性を味わったあとだからこそ、余計に驚かされたのがサーキットでの好パフォーマンスである。ここではカレラSだけを試した。

ターボチャージャーのレイアウト変更、燃焼効率向上など多くの手が入れられた水平対向3.0ℓツインターボエンジンは、高回転域に至るまで一層滑らかに回って、7500rpmから先のレッドゾーンまで、まったく勢いが衰えない。

8速PDKのレスポンスも完璧で、つい右足に力が入る。先代でも十分そう思えたが、いよいよ自然吸気への未練、断ち切れそうと唸らせる。

ブレーキも強力の一言。軽量な新素材ペダルと電動ブースターを採用した新しいシステムはショートストローク化、卓越したコントロール性を両立。減速だけでも快感を覚えてしまう。

操舵応答の良さ、強力なトラクションによってコーナリングも実に切れ味がいい。高い限界と、その先のコントロール性の高さの両立ぶりに、進化をしかと感じることができた。

 
最新試乗記