ウルスの最高速を超えたベントレー 「ベンテイガ・スピード」 大谷達也が英で試乗

2019.05.29

スポーツ・モードに切り替えて

待望のスポーツ・モードに切り替えて2回目のセッションに挑む。コースインすると、フロントの接地感が格段に高まっていることがただちに感じられた。

ロール量もそれまでに比べるといくぶん小さく、これだけでもドライバーにとっては心強い安心材料となる。おかげでわたしのペースもぐんと上がり、コーナリング中はずっとスキール音が聞こえるようになった。

この状態でも、Bモードで走っていたのと同じようにクルマの挙動は安定しきったまま。ステアリング特性も弱アンダーステアを保ち、コーナーの脱出でスロットルを踏み込めば4輪が路面を確実に捉えてぐいぐいと加速していく。

不思議なのが、かなりタイヤに無理をかけたつもりでもスムーズなコーナリングフォームを崩さないことで、よほどスタビリティ・コントロールの介入がスムーズなのだろうと思っていたのだが、インストラクターに確認したところ、最初のセッションの2周目からずっとオフにしたままだという。

これを聞いて自分の不明に赤面したが、スタビリティ・コントロールなしでもジェントルにコーナリングするベンテイガ・スピードのポテンシャルには驚くしかない。

 
最新試乗記