[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ロードテスト マクラーレン600LTスパイダー ★★★★★★★★★☆

2019.06.02

結論 ★★★★★★★★★☆

「サーキットでは常にグレートだとはいえないが、公道上では抜群としかいいようがない」

オープンボディのスーパーカーに、600LTスパイダーと肩を並べるほどクーペ版に対して走りの妥協がほとんどなく、全開で走りたい気持ちを抑えられないものは本当に少ない。われわれのロードテストの中で結果をお伝えしているパフォーマンスとハンドリングのテストは、オープン化されたほとんどのモデルで、走りにおける計測しなければ見えてこないような弊害を白日のもとに晒すほど厳密に行われている。ところが、今回に限っては、そのままクーペモデルのテスト結果として転用できそうな結果が得られた。さすがはマクラーレンと感服するばかりだ。

となれば、満点を与えてもよさそうなものだが、テスターたちは600LTというモデルそのものに理解しがたいところがあると考え、最高評価を与えることに懸念を持った。

675LTは疑いなく、非常にハイレベルな走りの魅力に感服することしきりで、ロングテールというブランドの象徴と呼べるものだ。対する600LTは、サーキット性能こそ同様のアップグレードを受けているが、ドライバーへの訴求力を総体的にみれば、かなりのものであるとはいえ、ベースモデルから一変していると言い切れないのである。

担当テスターのアドバイス

マット・ソーンダース

オプションのメモリー機能付きスポーツシートは、昨年テストしたクーペのような低くパーフェクトなドライビングポジションを得ることができない。ヘッドルームの不足を調整機能で解消できるが、低いレーシングシートでも窮屈だった覚えはない。

サイモン・デイヴィス

現時点で、マクラーレン以上のステアリングフィールを実現するメーカーはないし、600LTはウォーキングのラインナップの中でもっともコミュニケーション能力に優れるモデルのひとつだ。まさしく大成功といえる。

しょっちゅうサーキットを走るのでもなければ、軽量オプションをあれこれ選ぶのはやめたほうがいい。1370ポンド(約20.6万円)ものサーキット用テレメトリーシステムも同じだ。ラグジュアリーパッケージに7500ポンド(約112.5万円)払うのもオススメしない。それならセキュリティパッケージに3980ポンド(約59.7万円)出して、浮いた分をほかの場所に回すべきだ。

・どうにかして、720S的な限界ハンドリングのアジャスト性を盛り込んでもらいたい。
・エンジン内部に少しばかり適切な軽量パーツを使用して、低回転域でのスロットルレスポンスを改善してもらいたい。
・V8エンジンのサウンドをもっと深みのあるソウルフルなものに。このクルマに足りないのは、もっといい音にほかならない。

 
最新試乗記