カーレビュー

2019.06.02

ロードテスト マクラーレン600LTスパイダー ★★★★★★★★★☆

マクラーレン600LTスパイダー

テスト日 : 2019年5月22日

価格 : 20万1500ポンド(約3023万円)

内装 ★★★★★★★★☆☆

構造的にいえば、600LTスパイダーのキャビンに570Sとの違いはほとんどない。IRISインフォテイメントシステムの縦に長いディスプレイ、そのハウジングが中央から下へ突き出したダッシュボードは、スターターボタンやルーフと走行モードの操作部があるセンターコンソールと分離されている。それらの奥にはドリンクホルダーや、キーや携帯電話、財布などを置ける小物入れがあるちょっとばかり手が届きにくいものの、軽量化のためにグローブボックスやドアポケットが省かれている室内では便利なアイテムだ。

フロントに備わる容量150ℓのラゲッジスペースは、これも重量削減を目的に内張りが薄くされている。テスト車のキャビンはカーペットの代わりにアルカンターラが張られているが、これは1950ポンド(約29.3万円)のオプション。これらによって、7.2kgのダイエットを遂げている。

これもウェイトを削るためにエアコンは装備されないが、無償で追加することも可能で、テスト車にはありがたいことに装備されていた。軽量なカーボンのレーシングシートは、P1と同じそれがスタンダードで、セナ譲りのものがオプション設定。ところが、悲しいかなテスト車には、7500ポンド(約112.5万円)のラグジュアリーパッケージ仕様で、せっかくの軽量シートが、電動調整式の重たいスポーツシートに置き換えられ、ステアリングコラム調整もまた電動となっている。ドライビングポジションのアジャストが極めて楽なのは確かだが、マクラーレンがどれほど苦心して軽量化を果たしたかを考えれば、このクルマの精神にそぐわないものに思えてしまう。

それでも、ドライビングポジションは素晴らしい。レーシングシートよりは座面がやや高いものの、細くコミュニケーションに富むアルカンターラ巻きステアリングホイールの正面に座り、大きなフロントウインドウ越しに遮るもののない視界を得ることができる。ペダルは互いに接近して配置され、ブレーキペダルは左足操作をする気にさせる位置にある。座面からルーフ内側までの高さは970mmだが、オープンにすれば当然ながら頭上空間は文字通り青天井だ。

 
最新試乗記

人気コンテンツ