初試乗 アルピナB4 S エディション99 452ps F32型ラストのスペシャル・クーペ

2019.06.03

どんな感じ?

パワーアップもB4 Sビターボのバランスはそのまま

ドアを開けて目に飛び込んでくるのは、いつものアルピナとは少し違う空間だ。ハーフシェル型のシート中央に張られているのは、キルティング加工が施されたクリームレザーではなく、ハードコアなM4 CSなどと同じアルカンターラ。

従来からのステアリングホイールの裏側に備わっていた変速ボタンは、それなりの費用が掛かる、アルミニウムブロックからの削り出しによるシフトパドル。ステアリングホイール自体もアルカンターラが巻かれている。しかしインスツルメントパネルに見えるのは、いつもの青い文字盤による円形のアナログメーター。2019年のいまではクラシカルな景色だが、その魅力は衰えていない。目盛りは330km/hと7500rpmまでが振られている。

試乗が許されたのは、オーストリアはザルツブルクのサーキット。運転する時間も、路面の条件変化も、とても限られたものだった。クルマの秘めたパフォーマンスを充分に発揮させ、シャシーに加えられたチューニングを確かめるには、充分な機会ではあったけれど。ただし、アルピナB4 S エディション99はあくまでも公道を楽しむためのクルマ。サンルーフも付いていた。

走行パフォーマンスに関しては、疑う余地なく、基本的にはB4 Sビターボのハイライトと大きな違いはない。アルピナはターボ加給の特徴と利点をうまく引き出しており、中回転域での豊かなトルクを獲得しながら、ターボラグはほとんど感取されない。タメの時間を感じることなく、滑らかにパワーデリバリーが始まる。

 
最新試乗記