[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

初試乗 アルピナB4 S エディション99 452ps F32型ラストのスペシャル・クーペ

2019.06.03

「買い」か?

99名のオーナーが羨ましい

エディション99は2019年を代表するクーペになるだろうか。アウディRS5やメルセデス-AMGと、スペックシート上では劣っていても、それを超える走りを叶えてくれるだろうか。その可能性は充分にあると考えている。

たとえ鮮明なデジタル・インスツルメントを備えていたとしても、複雑で先進的なオンデマンド・シャシー制御技術を備えていたとしても、走りの本質を変えることは難しい。アルピナB4 S エディション99には、クルマとして本質的な、工学的に考え抜かれた抜群の骨格を備えている。これこそがアルピナの資質だ。

電子的なギミックを必要としなくても、インテリアの雰囲気は素晴らしい。人間工学的にも一切の不満は感じられない。輝きを増したパワートレインに、穏やかで自然な挙動のシャシーバランス。そこに、路面を問わない突出した柔軟性が加わり、アルピナ唯一の仕上がりを得ている。

毎日乗れる超高速なロードーカーとして、ダイナミクス性能と洗練生徒のスイートスポットを突いたクルマがB4 S エディション99だ。天候も問わず、長距離ドライブもいとわない。それでありながら、控えめでMのように多くの台数が出ていないことが、一層このクーペの訴求力を高めている。

恐らくこのクルマのオーナーは、手に入れてもしばらくは手放さず、自身が思う存分楽しむはず。それほどの魅力と完成度を備えていると思う。オーナーが羨ましい。

アルピナB4 S エディション99のスペック

価格 7万3100ポンド(1059万円)
全長×全幅×全高 4640✕1825✕1370mm
最高速度 306km/h
0-100km/h加速 4.2秒
燃費
CO2排出量
乾燥重量 1690kg
パワートレイン 直列6気筒2979ccツインターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 452ps/5500-6250rpm
最大トルク 69.2kg-m/3000-4500rpm
ギアボックス 8速オートマティック

 
最新試乗記