公道試乗 トヨタ・スープラ新型(日本仕様) 3グレードの価格/スペックを比較評価 

2019.06.03

「買い」か?

新型スープラ 走りの評価は?

自説と思われても構わないが、ハンドリングの理想は「いつでもどこでも弱アンダーステア」である。理由は簡単で、車両全体のコーナリングフォースとラインコントロール性。弱アンダーステアを維持するために技や補正頻度が増えるほど好ましくない。

なのだが、それは原則論である。アクセルを用いて前後輪のグリップバランスを調整し、スリップアングルやコーナリングラインをコントロールするのはスポーツドラテクの基本でもあり、操る楽しみでも重要だ。

ただし、前後どちらかのグリップが抜けてアンダーステア/オーバーステアの振れ幅が大きかったり、加減速にヨーが過剰反応するのは論外である。

これら要点を前提にスープラの走りを見ると、実に上手くまとまっている。

FRスポーツドライビングのセオリー通りに反応するが、前後輪ともに粘りのグリップで神経質あるいは過剰な反応を排除。これらが適度な緊張感と高揚感を生み出し、それは確かな動的性能の上で成立したFRスポーツの醍醐味でもある。

 
最新試乗記