英国試乗 スコダ・オクタヴィアvRSチャレンジ やや古いが完成度高し

2019.06.11

「買い」か?

VWグループらしい完成度

発売から年月が経っていることもあるが、オクタヴィアvRSがクラス最速レベルのパフォーマンスを持っていないからといって見下すのは早計だ。このセグメントにおいてこれほどにドライバビリティと洗練性を両立できているクルマは多くない。この点についてはさすがはVWグループといったところだろう。

ひとつ懸念を挙げるとすれば、チャレンジを選択する必要があるかということだろう。ゴルフRに匹敵する価格じゃないかという声が聞こえてきそうだ。しかし、ゴルフの価格は年々上昇を続けており、エステートにひと通りの装備を追加したら4万ポンド(550万円)級になってしまうのだ。

正直なところ、通常のvRSエステートにDCCを追加するだけで十分ではないかと思えてしまう。だが月々のリース支払いに10ポンド(1500円)程度追加するだけでチャレンジが手に入るのであれば、悪い選択ではないだろう。

スコダ・オクタヴィアvRSチャレンジのスペック

価格 3万2370ポンド(446万円)
全長×全幅×全高
最高速度 245km/h
0-100km/h加速 6.7秒
燃費 12.7km/ℓ
CO2排出量 152g/km
乾燥重量 1395kg
パワートレイン 直列4気筒1984ccターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 245ps/5000rpm
最大トルク 37.7kg-m/1600rpm
ギアボックス 7速DCT

 
最新試乗記

人気記事