新型ポルシェ911(992) 日本人ジャーナリストの評価 渡辺敏史編 海外試乗

2019.06.11

どれを選んでも300km/hカー

992型911の動力性能はカレラSで0-100km/h加速3.5秒、最高速が308km/h。WLTP導入に伴って新型車の認証スケジュールが広範に渡って乱れている欧州においてはポルシェも例外ではなく、現状カレラ・グレードの発表は見送られているが、そちらも限りなく近いパフォーマンスを引き出してくると想定すれば、911は今やどれを選んでも300km/hカーと言っても過言ではない。

ボクスター&ケイマンとの難しい棲み分けの線引は、そこにも設けられることになるのだろう。

992型の日常域での快適性は文句のつけようがない。ロングツーリングにも充分供せるようになった今日びのフェラーリやランボルギーニ辺りと比べても、乗り心地的にはそれらを上回り、ノイズ処理については圧するレベルにある。

RRのカレラ系でさえ1850mmの車幅に達してしまった点は残念だが、それでもライバルに対しては完全にひと回り小さく、視界も開けている。

使われずとも4人の乗車定員を守り続けるのは、ユーザーに不便は強いないというフェルディナント・ポルシェの意思を引き継ぐものの矜持だろう。

 
最新試乗記

人気記事