試乗 ベントレー・コンチネンタルGTC 333km/h 唯一無二の極上コンバーチブル

2019.06.12

どんな感じ?

後輪駆動ベースとなった4輪駆動システム

ボディサイズはかなり大柄。先代よりもホイールベースは100mm伸ばされており、全長も4850mmほどある。伸ばされたホイールベースだが、主にフロントタイヤを前方へ移動させることに充てがわれており、結果として非常に美しいボディプロポーションを獲得。加えて先代のベースとなっていた、フォルクスワーゲン・フェートンとの関係性を払拭する狙いもあるようだ。

広げられたフロントセクションには、新しく改良を受けた6.0ℓのW型12気筒エンジンが納まっている。燃料の供給は、ダイレクト・インジェクションに加えて、間接的にも行われ、トルクを増大させるとともにCO2の排出量を削減させている。またバリアブル・バルブタイミング機構などその他のメカニカルな面での改善も少なくない。

最高出力は635ps/6000rpmで、最大トルクは91.6kg-mと横綱級。モデルチェンジ前のコンチネンタルGTで最もパワフルだったグレードを凌ぐ力強さとなっている。駆動方式は変わらず4輪駆動ではあるが、その主要なシステムは一新。2代目コンチネンタルGTでは、基本的に後輪駆動となる設定が与えられており、先代では得ることのできなかった、奥行きのあるコントロール性を獲得している。

サスペンションの設定が「ベントレー」か「コンフォート」モードの場合、最大で38%のトルクが前輪へと伝達される一方で、「スポーツ」モードでは17%に変化。洗練されたシャシーの電子制御技術の要求に最適化されている。

 
最新試乗記

人気記事