BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2019.06.17

ガソリン最強グレードに試乗 プジョー508 SW アダプティブ・ダンパー標準装備

プジョー508 SWピュアテック225 GT

テスト日 : 2019年6月4日

価格 : 4万1365ポンド(599万円)

文・トム・モーガン 

編集部より

新しいプジョー508のラインナップの中で最も強力なガソリンエンジン・モデルに試乗しました。SWにはアダプティブ・サスペンションが標準装備となり、乗り心地は向上。しかし、欧州の環境ではディーゼルエンジンの方が訴求力では上となりそうです。

もくじ

どんなクルマ?
SWにはアダプティブ・ダンパーが標準装備
どんな感じ?
使い勝手のいいラゲッジスペース・デザイン
エンジンのフィーリングはいいが、ATはいまひとつ
プレミアム・ブランド勢に迫る価格
「買い」か?
欧州で選ぶならディーゼルエンジン
スペック
プジョー508 SWピュアテック225 GTのスペック

どんなクルマ?

SWにはアダプティブ・ダンパーが標準装備

新しいプジョーを象徴する、おしゃれなデザインが特徴のプジョー508だが、その中でもより賢い選択といえそうなのがステーションワゴン・ボディのSW。大きなラゲッジスペースを与えるために、ファストバックの508の特徴といえるリア周りのデザインも変更されている。デザインが良くなったと感じるひとと、悪くなったと感じるひとと、意見は分かれそうだ。

ワゴンボディ化に合わせて全長は40mm伸ばされ、ルーフラインは17mm高くなっている。その結果、ファストバックのラゲッジスペースは容量が487ℓなのに対し、530ℓにまで増えている。分割可倒式のリアシートをすべて倒せば、1780ℓにまで広がる。

今回試乗車として選んだのは、ガソリンエンジンのラインナップの中でもトップスペックとなるGTグレード。組み合わされるのは8速ATのみとなる。224psの最高出力を提供してくれるのは、1.6ℓ4気筒ターボ。プジョーによれば、英国の場合はディーゼルエンジンの方が高い支持を得ると予想しており、ガソリンエンジンの508を目にする機械は少ないだろう。

足元は19インチのホイールが飾っているが、前回試乗した1.5ℓディーゼルエンジンを搭載したGTグレードと同じもの。ステーションワゴン・ボディのSWの場合、アダプティブ・ダンパーが標準装備となる。またGTグレードを選ぶと、レザーインテリアや電動パワーシート、フォーカル社製のプレミアム・サウンドシステム、レーンキープアシスト機能付きのアダプティブ・クルーズコントロールなどが標準で付いてくる。

それではガソリンエンジンとしては508最強の走りを確かめてみよう。

 
最新初試乗

人気コンテンツ