海外試乗

2019.06.19

試乗 新型ポルシェ・パナメーラGTS 英国で評価 ベストグレードとはいえず

ポルシェ・パナメーラGTS

テスト日 : 2019年5月31日

価格 : 10万5963ポンド(1536万円)

文・マット・プライヤー 

どんな感じ?

突出した高速道路でのドライバビリティ

英国に上陸した新しいパナメーラGTSだが、幅員が狭く路面の起伏も多い環境であっても、充分に満足できる適合性を示したことを、はじめにご報告したい。基本的に乗り心地とハンドリングのバランスがとても優れている。だが、優れているとはいえ、運転に夢中になれるほどではない。車重2tに迫るクルマなのだから、当然とはいえるだろう。

パナメーラの高速道路での走りの良さは突出している。ステアリングのフィーリングは滑らかでリニア。この点はとても高く評価できる。そして荒れた路面は、上質なエアスプリングと巧みなボディコントロールによっていなしてくれる。だが、ポルシェがどんなに努力をしたとしても、ボディの全幅の広さは隠しきれない。

4輪駆動システムは後輪駆動ベースながら、少なくともドライコンデイションにおいては、トラクションもグリップ力も望外。ほとんどの場面で限界値を感じることはないだろう。試乗においても、われわれの予想到着時間よりも常に目的地へ早くたどり着くことができていた。

ちなみにパナメーラGTSを試乗した同じ週に、ジャガーはXJの生産終了を発表している。スタイリングとしては、パナメーラとXJとはスピード感を優先したシェイプで共通性を感じることができた。しかしインテリアや技術的な部分を見ると、10年近い格差を感じられたことは事実だ。しかし、乗り心地やステアリングフィール、クルマとの対話という点では、ビッグ・ジャガーの方が良かったように思う。

 
最新試乗記

人気コンテンツ