試乗 新型ポルシェ・パナメーラGTS 英国で評価 ベストグレードとはいえず

2019.06.19

「買い」か?

総合的な完成度の高さか走りの喜びか

従来までのGTSのできの良さに期待してしまいがちだが、今回のパナメーラGTSに限っては、突出した完成度を備えたグレードとはいえなさそうだ。全体的にやや引き締められたセッティングが与えられた程度、に留まっており、ラグジュアリーさの面でもドライビングの面でも、ほかを圧倒しているわけではない。

もちろん日常的に乗ることに不便さはないし、総合的な完成度の高さは特筆に値する。メルセデス-AMGのGT 4ドアクーペやBMW M5コンペティションなど、どんな大型スーパーサルーンやファストバック、エステートを持ってきたとしても、ポルシェ・パナメーラを超える実力は備えていないと思う。それだけでもパナメーラの訴求力は高い。

しかし、BMW M5コンペティションや特にメルセデス-AMG GT 4ドアクーペの場合は、ドライバーが得られる喜びがひときわ高いことも事実ではある。

ポルシェ・パナメーラGTSのスペック

価格 10万5963ポンド(1536万円)
全長×全幅×全高 5049✕1937✕1423mm
最高速度 291km/h
0-100km/h加速 4.1秒
燃費 9.7km/ℓ
CO2排出量 235g/km
乾燥重量 1995kg
パワートレイン V型8気筒3996ccツインターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 460ps/6000-6500rpm
最大トルク 63.0kg-m/1800-6500rpm
ギアボックス 8速デュアルクラッチ・オートマティック

 
最新試乗記