[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

試乗 ジープ・コンパス・トレイルホーク 走破性高いが必要か?

2019.06.20

「買い」か?

トレイルホークは必要か

コンパスのオフローダーとして、その名前に負けないだけのハードウェアを持っている。どんな地形にも対応できるとまでは言わないが、このクルマで行けないところに行けるクルマは少ないだろう。トレイルホークの欠点は標準モデルとほぼ同じだ。装備の充実したリミテッドよりも7950ポンド(109万円)高い3万7000ポンド(506万円)弱の価格を考えれば、他の選択肢も見えてくるだろう。

オンロードを走る上では標準のコンパスの方が優れており、100万円以上のエクストラを支払ってオフロードタイヤを手に入れる必要があるかは疑問だ。ジープのコアなファンであればラングラーを買うだろうし、たまにオフロードで遊ぶ程度なら標準のコンパスで十分だ。高いオフロード性は魅力ではあるものの、本当にこのトレイルホークが必要なひとは多くはないだろう。

ジープ・コンパス・トレイルホークのスペック

価格 3万6680ポンド(506万円)
全長×全幅×全高
最高速度 183km/h
0-100km/h加速 9.5秒
燃費 12.6km/ℓ
CO2排出量 175g/km
乾燥重量 1735kg
パワートレイン 直列4気筒1958ccターボ
使用燃料 軽油
最高出力 170ps/4000rpm
最大トルク 38.7kg-m/1750rpm
ギアボックス 9速AT

 
最新試乗記