[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

4ℓV8の孤高の魅力 メルセデス-AMG GLC 63Sクーペ フェイスリフト版に試乗

2019.06.26

ドライビングモードをアップデート

メカニカルな部分での変更も小さめ。マルチチャンバーを備えたエアサスペンションとアダプティブダンパー、電子制御されるリミテッド・スリップデフは、メルセデス-AMGの63と63Sには標準装備となった。V8ツインターボのパワーは、湿式多板クラッチを採用する「AMGスピードシフトMCT 9G」と呼ばれる9速ATへと伝達。必要に応じて任意の車輪へトルクを分配できる4輪駆動システム「4マティック+」を介してタイヤを回転させる。

駆動面での最大の変更点は、AMGダイナミック・ソフトウエアのアップデート。ドライビングモードにはコンフォート、スポーツ、スポーツ+、レースに加えて、圧雪路面などで有効な「スリッパリー(滑りやすい)」も加わった。そしてそれぞれのドライビングモードの中には、コンフォートとスリッパリーには「ベーシック」、スポーツには「アドバンスド」、スポーツ+には「プロ」、レースでは「マスター」と呼ばれるバックグラウンド・プログラムが実行される。

それぞれのドライビングモードに適する設定で、スタビリティコントロールの効きを調整し、必要に応じて積極的なトルク分配を可能にするという。なかなかややこしい。ハイテクに押され気味だが、エンジンは従来どおりの4.0ℓV型8気筒エンジンが残されている。

そして標準の63Sではまだおとなしい、という向きには、周囲の目をはばかるような轟音を鳴らすパフォーマンス・エグゾーストの設定もある。車重2tを持つ510psのSUVに敵うクルマを持っている友人は多くはないだろうから、正直、標準のエグゾーストでも充分だとは思う。

 
最新試乗記