ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

4ℓV8の孤高の魅力 メルセデス-AMG GLC 63Sクーペ フェイスリフト版に試乗

2019.06.26

コンフォートモードならお任せで快適なAT

パドルシフト操作で多少のカバーも可能だが、それでもパートスロットル時に不必要にシフトアップする挙動には、イライラさせられた。状況によって少し引っ張って手動でシフトアップしたい場面でも、ドライブモードによっては許容回転数にリミッターがかかり、そこからの変速にもたつく場面がある。

しかしコンフォートモードなら、すべてを快適に保ってくれる。特にドイツのような路面の整備が行き届いた環境でなら、63Sはすべてが印象的。エアサスペンションが緩やかな起伏をいなし、細かな凹凸もなかったことにしてくれる。アスファルトが剥がれた場所など、急なくぼみに落ち込むような20インチ・ホイールの鋭い動きには、やや手こずっているようではあるけれど。

気になるのは、快適といっても基本的には脚まわりがやや硬めの設定である点。英国や近年の日本の郊外ような表面の状態が悪い環境では、さほど滑らかには感じられないかもしれない。風切り音に関しては他のGLCと同様に非常によく抑え込まれている。アウトバーンの速度制限のない区間であっても、充分な静寂性を保ってくれている。

今回のフェイスリフトでのハイライトのひとつはインテリア。最新のMBUXインフォテインメント・システムが搭載され、12.3インチのデジタル・インスツルメントと統合され機能する。車内の高級感漂う雰囲気作りにも大きく貢献している。

音声認識システム「ヘイ・メルセデス」はやや誤解も多いものの、驚くほどよく機能する。ナビゲーションシステムは、交差点に近づいた場合など、カメラで撮影した映像に拡張現実としてルートを重ねて表示してくれる。とても綺麗でわかりやすい。

 
最新試乗記