[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

試乗 三菱ASX 基本設計古いがコスパは良好

2019.06.27

100字サマリー

2010年の発売以来10年目となり、再びフェイスリフトが加えられた三菱ASXに試乗しました。ルックスは魅力的ですが、基本設計の古さは否めず、その走りもやや不満が残ります。しかし、この価格帯としては装備も充実しているほか、信頼性も魅力です。

もくじ

どんなクルマ?
10年目のフェイスリフト

どんな感じ?
普通に走る分には問題なし
シンプルな操作系 内装の質感良

「買い」か?
コスパ良し、信頼性も魅力

スペック
三菱ASXダイナミックのスペック

どんなクルマ?

10年目のフェイスリフト

三菱ASXを語る上で、無視できない問題がある。それは日産キャッシュカイやセアト・アテカなどの強力なライバルの存在だ。ASXは2010年の登場以来複数回のフェイスリフトを経験している。そろそろ完全なモデルチェンジをしても良い頃だろう。

なぜ新型ASXがまだ登場しないのだろうか。三菱は2017年にルノー日産アライアンスに加盟したばかりでそのプラットフォームを使った新型車を開発しきれていないのだろう。

しかし、最近三菱はエクリプス・クロスを発売した。紛らわしいことにこのモデルもキャッシュカイのライバルだが、次期型ASXは現行よりやや小さくなり、日産ジュークに対抗するモデルになるようだ。しかし現時点では、ASXとエクリプス・クロスは同じカテゴリーに属していることになる。

最新のフェイスリフトにより、L200にも似た新しいフロント周りが与えられている。さらに低速での自動ブレーキや新しいインフォテインメントシステム、そして交通情報を取得することもできる新しいナビゲーションが与えられている。

エンジンのラインナップは簡略化され、150psの2.0ℓガソリンエンジンに5速MTまたはCVTが組み合わされる。駆動方式も二駆と四駆が用意されている。

 
最新試乗記