トヨタ・スープラ vs ポルシェ・ケイマン vs BMW M2 比較 初の大勝負、見事な勝利

2019.06.29

難しい評価 今後にも期待

では、これによってポルシェの勝利となるのだろうか? ことはそう簡単ではない。今回集まったのは、完ぺきではないかも知れないが、いずれも素晴らしいモデルであり、この3台に優劣をつけるのは、本当に難しい。

ケイマンのシャシーは素晴らしく、これまでであれば、それだけで魅力に欠けた4気筒エンジンをカバーするには十分だっただろう。だが、今回のテスト車両が積んでいた、まったく力強さを欠いたエンジンを見逃すことは出来ない。コーナーでどれほどケイマンが素晴らしくとも、この弱々しく、耳障りなサウンドを響かせるエンジンを許すことなど出来ない。

刺激に溢れたM2はケイマンとは対照的な存在だ。特にマニュアルギアボックスとの組み合わせであれば、この強烈なエンジンに飽きることはなく、その暴力的なハンドリングは純粋で子供らしい喜びをもたらすだろう。

それでも、このクルマのシャシーは、より控え目なスタンダードモデルの持つ特性を塗り替えるには至っていない。素晴らしいモデルではあるものの、この3台のなかでは、M2はつねに純粋なスポーツカーというよりも、究極のサルーンモデルであるかのような感じを抱かせ、その点でわずかにケイマンには及ばない結果となった。


この結果、最後に残ったのがスープラだ。確かに、この勝利はライバルたちの欠点がもたらしたものかも知れないが、それでも、このクルマには印象的なパフォーマンスが備わっている。より強力なケイマンSが相手であれば、結果は違ったものになったかも知れず、実際、スープラが本物の偉大なモデルになるには、まだ10%ほど足りないものがある。

もっと魂を震わせるような本物のエンジンサウンドと、もう少しだけ優れたダンピングコントロール、そして見事なギアボックス(マニュアルはどうだろう?)があれば完ぺきだった。

これが意味することは、些細な欠点はあるものの、スープラとは独自の魅力とキャラクターを備えた素晴らしいスポーツカーであり、今回のテストでこのクルマが見せてくれた数々の優れた資質は何も変える必要がないということだ。

何も用事がなくとも思わずステアリングを握りたくなる存在であり、毎日の生活を共にするのもまったく問題はない。

まさに、スープラは今回素晴らしいパフォーマンスを披露することに成功した。だが、多田さんと彼のチームには、まだまだ多くのやるべき仕事が残されてもいるのだ。

 
最新試乗記

人気記事