海外試乗

2019.07.10

初試乗 ポールスター1プロトタイプ 4気筒+ツインチャージャー+ツインモーター 608ps

ポールスター1プロトタイプ

テスト日 : 2019年6月17日

価格 : 13万9000ポンド(1890万円)

文・マット・プライヤー 

コンチネンタルGTレベルで突進も可能

車内空間の雰囲気は、高級感が漂う。フロントシートのサイズは大きく、ドライビングポジションも快適。リアシートは+2をうたっているだけあって小さい。ラゲッジスペースも上質に仕立てられているが、ちょうどリアシートの背もたれ背面内に配されたコネクターや配線が、透明のパネル越しに見えるようになっている。バック・トゥ・ザ・フューチャーのフレックスキャパシターのようだ。

よって、リアシートの背もたれは可倒式ではなく、実用性はクーペの中でベストクラス、とはいえないだろう。だが、パーソナルクーペと呼べるクルマだし、考え方はオーナー次第だとは思う。

ボルボ・ライクなスタートボタンを回し目覚めさせる。クルマの走行モードは複数用意され、フルEVから、エンジンも常時起動状態の4輪駆動モードまで、スクロールで選べる。エグゾースト・パイプから排気ガスが出ないモードであっても、高速道路を活発に走行するには充分な動力を備えている。エンジンの力も存分に発揮させれば、コンチネンタルGTレベルの速さで突進も可能だ。

乗り心地とハンドリングの設定には幅が設けてある。工場の出荷時では、22段階に調整できるオーリンズ製のデュアルフロー・バルブを備えたダンパーの減衰力は、フロントが9、リアが10に設定されるそうだ。恐らくこの状態で殆のユーザーは不満を感じないだろう。特注のピレリ製タイヤは扁平率30で、21インチと攻めたサイズだが、充分に柔軟な乗り心地を提供してくれる。

 
最新試乗記

人気コンテンツ