国内試乗

2019.08.12

V6ガソリン 新型 フォルクスワーゲン・トゥアレグTSI 試乗 日本導入にも期待

フォルクスワーゲン・トゥアレグ3.0 TSI

テスト日 : 2019年7月4日

価格 : 5万7305ポンド(779万円)

文・マーク・ティショー 

長距離移動に適した仕上がりはそのまま

乗り心地は滑らかで快適。ハンドリングもムキにならなければ充分に予測可能な仕上がりになっている。エンジンのノイズも極めて静かで、トゥアレグが長距離移動に適した、快適で充足感の高いクルマだといえる。また残りの部分は基本的にディーゼル版から変更はない。つまり、昨年われわれがロードテストで評価した、優れたトゥアレグのままだ。

広々としたインテリアに充実した標準装備や、有能なオフロード性能も変わらない。だが、15.0インチという大型モニターが採用されたインフォテインメント・システムの操作性がさほど良くないことも2018年から受け継いでいる。この価格とフォルクスワーゲンのフラッグシップ・モデルということを考えると、説得力の面で少々物足りないといえるだろう。

V6ガソリンエンジンを搭載したトゥアレグが誰に響くのか、少し悩んでしまう。ディーゼルエンジンに対して強く反対意見を持っているのなら、フォルクスワーゲンのトップSUVとして、魅力を感じるだろう。一方で排気量の大きいガソリンエンジンの性能に期待するのなら、トゥアレグの味付けは口に合わないかもしれない。

トゥアレグは長距離の快適性は充分優れており、興味をひかれる存在ではあるが、昨年の段階では完璧な仕上がりを得ているとはいい難かった。新しいV6ガソリンエンジンという選択肢が、その穴を埋めることも、少し難しそうではある。

フォルクスワーゲン・トゥアレグ3.0 TSIのスペック

価格:5万7305ポンド(779万円)
全長:4878mm
全幅:1984mm
全高:1702mm
最高速度:249km/h
0−100km/h加速:5.9秒
燃費:9.0km/L(WLTP)
CO2排出量:−
乾燥重量:2020kg
パワートレイン:V型6気筒2995ccターボ
使用燃料:ガソリン
最高出力:339ps/3500−4000rpm
最大トルク:45.8kg-m/1340−5300rpm
ギアボックス:8速オートマティック

 
最新試乗記

人気コンテンツ