レアなRRロケット3台 サンビーム・インプ/ルノー8ゴルディーニ/NSUスプリンツ 後編

2019.08.18

サンビーム・スポーツは英国自動車史の重要モデル

ゲーリー・マシューの1971年式サンビーム・スポーツは、より佇まいがグラマラス。エクステリアデザインやボディのプロポーション、やる気に満ちたスタンスなど、まとまりが良い。英国の自動車史における重要なモデルだと思う。

大きなガラス窓に囲まれた車内に座ると、オーナーによってカスタムされたインテリアは見た目以上に広々としており、博物館の展示ケースのようだ。スポーツのトップヒンジのペダルはオフセットしているが、足元の空間も充分にある。サンビーム・スポーツMk2のダッシュボードはスーパー・インプよりもダウングレードされ、レブカウンターが備わらないが、一層ファッショナブル。標準モデルよりは人間工学や装備の面で劣っているとしても。

Mk2標準のポジティブキャンバーとハンドリングの特性を改善させるべく、このクルマは幅の広いアルミホイールに175幅のタイヤを履かせられている。標準のタイヤは155だった。フロントタイヤが荒れた路面で暴れたがる。ラック・アンド・ピニオンのステアリングは、フィーリングに優れている。重さやハンドリングのスピード、手に伝わってくる感覚のいずれもが楽しい。

コーナリングはフラットで不安なく楽しめる一方で、サーボアシスト付きのブレーキは、効きの強さが読みにくい。ローダウンスプリングが組んであるが、サスペンションの構成自体はルーツ社の設計のまま。しかしエンジンにはだいぶ手が入っており、1020ccのユニットにチューニングヘッド、ビッグバルブ、ハイリフトカム、高効率のインテークマニホールドとエグゾーストマニフォールド、オイルクーラーなどを装備する。

 
最新試乗記