字幕付き マクラーレン570S vs アルピーヌA110 価格差対決

2019.08.18

敷居の低いパフォーマンス

「5万ポンド(636万円)前後のクルマが続々と登場しているよね。その頂点である718ケイマンにも対抗できそうだ」

「数年前までは誰もかなわなかったよね」

アルピーヌA110
アルピーヌA110

「いつもケイマンが勝っていたけど、4気筒になってからひとが離れ始めた。そこでM2コンペティションや新型スープラに加えてこのクルマだ。比較テストをしたらケイマンはどこに入るだろうね」

「驚きだよね。数年前までは考えられなかった」

「このクルマの最大の特徴は、君も冒頭で触れていたけれど、公道の速度域での楽しさを第一に開発されていることだ」

「それはとても重要なことだと思う。マクラーレンに乗り換えても大筋では同じことが言えるだろう」

「このクルマは260psで、車重はわずか1トン強だよね。たしか1080kgくらいかな」

「非常に扱いやすいパワーと車重だと思わないか?」

「公道でも使い切れるパワーだ。存分にこのパフォーマンスを味わうことができるだろう。軽さゆえに速く感じるし、物足りないとは思わない。エンジンは最高とは言えないかもしれないけど」

「でもサウンドは良いんじゃないか?古典的なホットハッチらしい音でとてもクールだ。オリジナルのA110やA310には乗ったことがないから、こんな音だったのかはわからないけど」

「でもひとついえるのは、僕も君もこのA110に心を奪われた」

「素晴らしいクルマだね。それに君のいうとおり、パフォーマンスに対する敷居が低いよ。最近のクルマは普通のひとには速すぎて扱えないからね。でもこのクルマはそれを利用可能なレベルに戻してくれた。だから僕が今好きなクルマはこれの他に、ヒュンダイi30Nとか後期型MX-5とかだね。GT86も好きだったよ」

「その通りだね。僕が初めてこのクルマに乗ったのはフランスの道なんだけど、小さなマクラーレンみたいだと思ったよ」

「なるほど」

「じゃあそろそろ本物のマクラーレンに乗ってみようか」

 
最新試乗記

人気記事