字幕付き マクラーレン570S vs アルピーヌA110 価格差対決

2019.08.18

フィーリングや洗練度を重視

「これがマクラーレン570Sトラック・パックだ。このシートはどう?すごく良くないか?」

「確かに良いシートだけど、基本的には570Sだよね」

マクラーレン570S
マクラーレン570S

「そうそう。アルピーヌの3倍の価格だけど、君の意見に賛成だよ。このクルマをつくる上で、ラップタイムのことは気にしていないんだ」

「実際マクラーレンはラップタイムを公表していない。いつもそうだよね?彼らはそれを好まないんだ。フィーリングや洗練度を重視して、走らせて気持ち良いクルマに仕上げている」

「『公道で』というのも重要なキーワードだ」

「そう。公道でね。結果としてマクラーレンの中で最もローパワーかつ安価でありながら、一番楽しいクルマになっているんじゃないかな」

「同感だ。このクルマが素晴らしいのは、君のいう通りアルピーヌにも近いけど、公道でも楽しくて運転のしがいがあることだ」

「しかも『良いクルマ感」』も十分だよね。カーボンファイバータブの高剛性も感じられるし、組み付け精度も高く、内装も良くデザインされている。ドライビングポジションも見事だね。これはマクラーレン全車に言えることじゃないかな」

「ドライビングポジションの重要性は、それが素晴らしいクルマに乗って初めて理解できるよね」

「視界も良好だ。車幅もそれほど広くないし、走行位置も
決めやすい。公道上ではそういう部分が大きな差を生むよね。乗り心地は良いけどボディコントロールも落ち着いていて、遊びが少ないね」

「この2台には大きな違いがいくつかあるけど、そのひとつは直線でのパフォーマンスだ」

「ラップタイム云々は重要ではないとか言ったけど、勘違いしないでほしいのは、それでも非常に速いということだ」

「570psだよ。乾燥重量はどれくらいだったかな。1300kg台のはずだ。しかもカーボンセラミック・ブレーキを装着している。これは良くできたロードカーであり、親しみやすいクルマだ。でもトラックデーに行けば十分に他のクルマと張り合えるだろう」

「サーキットも想定内ってことだよね」

「気に入らない点はあるかい?」

「気に入らない点か。難しいな」

 
最新試乗記

人気記事