字幕付き マクラーレン570S vs アルピーヌA110 価格差対決

2019.08.18

限界域で良さが出るクルマ

「ゴージャスな走りだし、アルピーヌより直線も速い。コーナーでのパフォーマンスも上だね。速度域は高くなるけど、限界域での挙動は同じだ。タイヤが過剰じゃないからグリップが徐々に失われる」

「だから振り回して遊ぶこともできるんだ。バランスを楽しむこともできるし、前後のグリップが限界を迎えるのも感じられる。これはアルピーヌも同じだね」

マクラーレン570S/アルピーヌA110
マクラーレン570S/アルピーヌA110

「でもこのクルマは公道で遊ぶには速すぎない?」

「その可能性もある。でも少しだけ余裕を持てば、十分楽しめるだろう」

「時と場所を選んでね」

「僕が最初にこのビデオを撮ろうと思った理由でもあるんだけど、このクルマもアルピーヌA110も公道でのパフォーマンスカーに最も重要な点を満たしているんだ」

「それは絶対的なパワーでもパフォーマンスでもグリップでもなく、性能やグリップの限界付近で制御できることだ。これが楽しさを生み出している」

「クルマに乗って限界走行をしたらとても気持ち良いよね。パフォーマンスが高すぎて公道で使い切れなかったり、グリップが過剰で限界が見えないのはストレスだ」

「非常に興味深い意見だね。だけど評価すべき点はいくつもある走りがいだったり、エンジン音だったり、ステアフィールや乗り心地とかいろいろね」

「だけどこのクルマの楽しさは古典的な純粋主義者的だよね。でも君のいう通り、クルマを振り回すことほど楽しいことはない。しかもそれに応えてくれて、安全の範囲内で楽しめるんだからね」

「限界域こそクルマの良さが最も現れると思うし、この2台はその点において現行モデルの中で最高だと思う」

「まったく同意見だよ」

 
最新試乗記

人気記事