[ABARTH 124 spider]なぜワクワクする?竹岡圭が検証

SUVではなくドライバーズカー ポルシェ・マカンS 試乗 354ps V6ターボ

2019.08.19

100字サマリー

ポルシェ製コンパクトSUV、マカンの中間グレードの2019年版を英国で評価しました。上位グレードと比較すると、いくつかの制約も感じられるものの、充分に印象的な走りを味わわせてくれるドライバーズカーです。

もくじ

アウディと共同開発のV6ターボを採用
マカンSなら選べるブレーキのオプション
数年前ならトップグレード級のエンジン
マカンなら選びたいエアサスペンション
SUVではなく、優れたドライバーズカー
ポルシェ・マカンSのスペック

アウディと共同開発のV6ターボを採用

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

コンパクトSUVポルシェ・マカンの中間グレード、マカンSの右ハンドル車を英国の道で試乗するのは初めて。2019年のモデルイヤーとなるマカンは、フェイスリフトを受け、新しい3.0LのV6ガソリン・ターボエンジンを搭載。最高出力354psを発生させ、一回り大きいパナメーラやカイエンにも採用されている。

このユニットは「EA839」というコードネームで呼ばれており、同じグループのアウディとともに開発したもの。インゴルシュタットがディーゼルに置き換える決定を下す前の、先代のS4やSQ5にも搭載されていた。ツインスクロール・ターボは90度のバンク角の間にレイアウトされる。

ポルシェ・マカンS
ポルシェ・マカンS

またショートストローク、低コンプレッション化させた2.9Lツインターボ・ユニットとして、アウディRS4やRS5に採用されているものと基本的に同じユニットでもある。このセットアップで、まもなく登場するマカン・ターボのボンネットにも納まるだろう。ターボSの最高出力は450psくらいにまで高まるはず。

今回試乗するマカンSは、4気筒エンジンを搭載するエントリーグレードより23万円程度高いだけ。V6エンジンとなるだけでなく、異なるデザインの18インチ・アルミホイールが組み合わされ、フロントブレーキもアップグレードされる。コストバリューで優れているように感じるのはわたしだけではないはずだ。ただしエントリーグレードといっても、ラグジュアリー・パフォーマンスモデルらしい価格付けには変わりないけれど。

 
最新試乗記