SUVではなくドライバーズカー ポルシェ・マカンS 試乗 354ps V6ターボ

2019.08.19

マカンSなら選べるブレーキのオプション

4気筒のマカンと同様に、マカンSにもスチールコイル・サスペンションと通常のパッシブダンパー、7速ツインクラッチATが標準装備。後輪駆動ベースとなるクラッチ内蔵の4輪駆動システムで18インチ・タイヤを駆動する。

ポルシェらしく、オプションは限りない。PASM(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム)アダプティブタンパーや車高調整の可能なエアサスペンション、電子ロック・リアデフなども選べる。ホイールは最大で21インチまで大径化することもできる。これらを思い通りに組み合わせていくと、かなりの金額になってしまう。

ポルシェ・マカンS
ポルシェ・マカンS

4気筒では選べないが、6気筒のマカンで選択ができるオプションが、ブレーキ。スチール製のディスクをタングステンカーバイドと呼ばれる特殊金属でコーティングした「PSCB」ブレーキを選択すると2000ポンド(26万円)のプラス。より強力でフェードしにくいセラミック・コンポジッド・ディスクブレーキ「PCCB」を選択すれば、6000ポンド(78万円)ほどの追加となる。

ポルシェの新車を購入しようとすると、このグレードとオプションとの選択に悩まされることになる。悩むだけの意味もあるし、クルマを買う楽しみのひとつでもある。今回のテスト車両にはアダプティブ・ダンパーにスチールコイル・サスペンション、20インチのアルミホイールにトルクベクタリング機能好きのリアデフが搭載されていた。ブレーキは標準のままだ。

 
最新試乗記