SUVではなくドライバーズカー ポルシェ・マカンS 試乗 354ps V6ターボ

2019.08.19

数年前ならトップグレード級のエンジン

マカンにポルシェ・ブランドに期待する優れたハンドリングとパフォーマンスを期待するのなら、オプション選択はとても重要となる。それを体現したクルマだった。例えばマカンSの場合、マフラーだけでも3種類の選択ができる。標準のマフラーにシルバーのマフラーカッターか、ブラックを組み合わせるか、スポーツ・エグゾーストシステムを選ぶか。

テスト車両には標準マフラーにブラックのマフラカッターの組み合わせだった。スタイリングのマッチングは良いが、発せられる排気音には物足りなさを感じるドライバーもいるだろう。新しいV6エンジンはスムーズでトルキーで、レスポンスも良い。走行パフォーマンスは悪くないが、どこか特徴的な個性という面では希薄でもある。

ポルシェ・マカンS
ポルシェ・マカンS

現代の多気筒ターボに期待する非常にワイドなパワーバンドを備え、低回転域でも、低速域でも、非常に活発にマカンを走らせる。数年前なら、トップグレードに搭載されていても違和感のないパワー感だ。だが最新のハイパフォーマンスSUVに乗り慣れているのなら、もう少し破壊的なパワーと、刺激的な音響を欲するかもしれない。実際、マカンを選ぶドライバーもの多くがGTSやターボに目移りするようだが、SUV基準でなくても、マカンSの直線加速が遅いとは決していえない。

一方で、アダプティブダンパーとコイルサスペンション、20インチ・ホイールという組み合わせは、洗練された優れた乗り心地を構成している。横方向のグリップ力も高く、ハンドリングレスポンスも良好。アルファ・ロメオ・ステルヴィオほど痛烈ではないが、操縦性は秀逸だといえる。

 
最新試乗記