SUVではなくドライバーズカー ポルシェ・マカンS 試乗 354ps V6ターボ

2019.08.19

マカンなら選びたいエアサスペンション

だが素のマカンかマカンSか、エンジンの気筒数は問わず、エアサスペンションの方がより良いはずだ。乗り心地の面だけでなく、車高を調整も可能だから、オフロード走行で有用な最低地上高を増やすこともできる。

加えて車重に抗するようなハンドリングを備えるマカンの場合、バネ下重量やスプリングレートの最適化も重要で、エアサスペンションならより理想的でもある。どんなコンパクトSUVよりもコーナリング時の姿勢をフラットに保ち、バランスを崩すことなく機敏で直感的な操舵性を与えてくれることになるだろう。

ポルシェ・マカンS
ポルシェ・マカンS

だとしても、コイルサスペンションのマカンも十二分に素晴らしい。ほとんどのライバルを凌駕する優れたハンドリングとコミュニケーション性を備えていることには違いない。もし余計な考えが吹き飛ぶような痛快な走りを味わいたいのなら、ポルシェらしくさらに上位グレードということになってくる。

2019年版としてフェイスリフトを受けたマカンだが、実用性やボディサイズという点ではそのまま。ラゲッジスペースはハッチバック・モデルよりは広いものの、乗員スペースは特に広々というほどでもない。インテリアデザインは若干時代遅れ感がなくもないが、アップデートされたPCMインフォテイメント・システムが、大きく雰囲気を引き上げている。操作性の良い物理スイッチが残されている反面、ライバルが備える、遊び心のあるデジタルモニターは付いてこない。

 
最新試乗記