最新992型 ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ 試乗 シリアス過ぎる高性能

2019.08.24

失うものはほぼないが、70kgの重量増

エンジンの出力はポルシェ製の8速デュアルクラッチPDKへと送られる。トランスミッション任せでも、ステアリングホイールに取り付けられた金属製のシフトパドルをフリックしても、変速はスムーズ。7速マニュアルも間もなく追加される予定。電子制御アダプティブ・ダンパーは標準装備される。

今回の試乗車にはスポーツエグゾーストに、ステアリングホイールにモード変更のダイヤルが付くスポーツクロノ・パッケージ、10mm車高が低くなるアクティブ・サスペンション・マネージメント、マトリックスLEDヘッドライトなどが装備されており、その価格は12万998ポンド(1573万円)。さらに4輪操舵システムやアクティブ・アンチロールバー、カーボンセラミック・ブレーキなども付けられるが、価格はコンパクトカー1台分ほどの上乗せとなる。

ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ
ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ

カンバストップのカブリオレで失うものはあるだろうか。間違いなく今までより少ない。オープントップの911で感じる不満は、996型や997型が最も大きかったように思う。ソフトトップを閉じたときのスタイリングも今ほど美しくはなかった。992型ではルーフパネルが内蔵となり、屋根を閉じたシルエットはクーペとほとんど差がなくなったといえる。リアガラスも大きくなり、ガラス製なのも良い。

屋根の構造がなくなった分、ボディ剛性はやや落ちており、油圧で動作するルーフシステムと補強ブレースが追加されるから、クーペと比較して70kg程度の重量増になっている。その結果、車重は1635kgになっているが、ポルシェ911として許容できる数字ではないと感じる読者もいるだろう。

 
最新試乗記

人気記事