407psと85kWhで最大416km メルセデス・ベンツEQC 400に試乗 価格に相応しい

2019.09.03

エンジンを搭載したクルマの完全なる代替モデル

メルセデス・ベンツが公表するWLTPによる航続距離は、おそらく苦労せずに実際に走ることができるだろう。かなりハイペースで、よりエネルギーを必要とするルーティングでの試乗だった今回、フル充電状態から290km程を走行したのだが、まだ56kmは走れると表示されていた。英国で平均的な、80〜110km/h程度のスピードでクルージングをしていれば、5kmWhという高効率での走行も可能で、385km程度の距離は走れることになる。

もしラグジュアリーEVに興味があるのなら、メルセデス・ベンツEQCは有力候補として考えるべきだろう。だが、最も重要なストロングポイントが、ほかのライバルと比較して希薄な点は否定できない。周囲の目を引く特徴のあるアピアランスと、驚かされるようなドライビングの、両方だ。ラグジュアリーさや実用性の高さで、圧倒的なレベルというわけでもない。

メルセデス・ベンツEQC 400 4マティックAMGライン
メルセデス・ベンツEQC 400 4マティックAMGライン

だとしても、包括的な完成度の高さや、クルマとしての実用性の幅を考えれば、最も優れていると評価しても良いほどの説得力を持っている。スタイリングは、派生モデルの展開によって感じられ方も変わると思う。

純EVへ期待するすべて、興奮や洗練性、静寂性や落ち着き、先進的な技術、あるいは新しいモノへの興味などは、EQCは間違いなく満たしている。内燃機関を搭載したクルマの完全なる代替モデルとして、7万ポンド(910万円)を支払うのに相応しい仕上がりだといえる。

メルセデス・ベンツEQC 400 4マティックAMGラインのスペック

価格:7万4530ポンド(969万円)
全長:4762mm
全幅:1884mm
全高:1624mm
最高速度:180km/h
0-100km/h加速:5.1秒
航続距離:373−416km
CO2排出量:−
乾燥重量:2495kg
パワートレイン:ACシンクロモーター2基
バッテリー:80kWhリチウムイオン
最高出力:407ps
最大トルク:77.4kg-m
ギアボックス:プラネタリーギア・シングルスピード

 
最新試乗記

人気記事