マイナーチェンジ アウディQ7 50 TDIに試乗 V6ディーゼル 内装・装備を刷新

2019.09.09

大型ラグジュアリーSUVらしさを味わう

スポーツサスペンションは、標準のサスペンションよりも明確に引き締まった乗り心地となるが、Q7の安楽な長距離ツーリングに犠牲を与えるほどではない。コーナリング時の優れたボディコントロール性は、むしろ歓迎すべきポイントだ。

路面が荒れた区間を走ると、細かな振動を多めに拾う傾向はあるが、車高が低められているだけでなく、50 TDIが20インチのホイールだったのに対し、55 TFSIは21インチのホイールを履いていたことも影響を与えているはず。少なくともスポーツサスペンションを選んでも、標準のサスペンションと比べない限り、乗り心地が悪いと感じることはなさそうだ。ラグジュアリーで穏やかなSUVというQ7の本来の性格を楽しむのなら、標準のサスペンションに、小さめのアルミホイールの方が適しているとは思うけれど。

アウディQ7 50 TDI
アウディQ7 50 TDI

もし洗練性された走りだけでなく、一般道でのより優れたハンドリグを求めるのなら、アウディQ7よりもポルシェ・カイエンやBMW X5、レンジローバー・スポーツの方が、希望通りの乗り味が得られるはず。このボディサイズを考えると、スリリングな走りを味わえないことを批判することの方が無益だと思う。Q7は完璧なまでに快適で上質な、SUVならではの魅力を味わうべきクルマだ。

インテリアの質感や実用性はライバルモデルと肩を並べ、50 TDIに搭載されるエンジンは控えめな存在感でありつつ、不足ないほどに強力。アピアランスも先代以上に引き立って写る。トランスミッションの反応がより素早ければ、とも思うが、素晴らしい仕上がりが霞むほどではない。

アウディQ7 50 TDIのスペック

価格:6万ポンド(780万円・予想)
全長:5052mm
全幅:1968mm
全高:1740mm
最高速度:241km/h
0-100km/h加速:6.5秒
燃費:−
CO2排出量:−
乾燥重量:2165kg
パワートレイン:V型6気筒2967ccターボ+ハイブリッド
使用燃料:軽油
最高出力:286ps/3500−4000rpm
最大トルク:61.0kg-m/2250−3250rpm
ギアボックス:8速オートマティック

 
最新試乗記