試乗 シトロエンC3エアクロス 新小型SUVの走り/内装/サイズを評価

2019.09.10

後席 150mmスライド

後席スライド機構も備えるので使用状況に応じた客室/荷室のアレンジも融通を付けやすい。

実用的な2BOX車の使い勝手をベースに、悪路踏破性や高い視点の開放感や見晴らしを上乗せ。適応用途が大幅に拡大するわけではないが、一般的乗用車と違った楽しみや使い方のプラスαがC3エアクロスの個性でもあり魅力となっている。

シトロエンC3エアクロスSUVシャイン・パッケージの後席
シトロエンC3エアクロスSUVシャイン・パッケージの後席

どんな感じ?

性能と言うにはあまりに些末(さまつ)だが、例えば操舵感覚が自然で馴染みやすい。操舵力は総じて軽めだが、舵角とSAT(ステアリング復元力)の関係がいい。

中立付近はそれほど締まった感じがないのだが、舵角増に対してリニアかつ穏やかにSATが高まる。掌に収まるような手応えで、神経質にならずに適切な舵角に収まる感じ。

シトロエンC3エアクロスSUVシャイン・パッケージ
シトロエンC3エアクロスSUVシャイン・パッケージ

スポーツモデルのがっしりとしたステアフィールを望むドライバーには頼りなく感じられるかもしれないが、高速も山岳路も肩の力が抜けた操舵感覚が心地よい。何よりもC3エアクロスのイメージに似合いだ。

装着タイヤ仕様により多少印象が異なるのだが、素直さが操縦性の特徴。過敏な反応を抑えながらも応答遅れが少なく、見えるコーナーのRに合わせて舵を送っていけば自然にラインに載っていく。

ロールの揺れ返し等々の不要な挙動も少なく、乗りこなすための云々などと考える必要もない。いい感じに「ふつう」なのだ。

 
最新試乗記

人気記事