2019年版 ホンダNSXに試乗 発表から3年 ハイブリッド581psはそのまま

2019.09.13

ハイブリッドシステムの出力もそのまま

3モーターとV6ツインターボによるハイブリッド・パワートレインが、581psを発生するという点は、一切変更を受けていない。予想外にシンプルで好感の持てる、意外とオールドスクールなエンジンだ。しなやかで静かながら、ややダイレクト感に欠けるから、スーパーカーに期待するようなレスポンスとサウンドを楽しむには、スポーツ+かトラック(サーキット)モードを選択する必要がある。

しかし、電気モーターのトルク支援があっても、近年のターボ過給されるハイパフォーマンスモデルが披露するような、即時的で首を打たれるような加速感ではない。初代NSXと同様に、本当に速く走らせるにはエンジンの回転数を高める必要がある。レブカウンターが5000rpmを超えてくると、NSXらしさが表れてくる。高い段数を選びたがるツンクラッチATをマニュアルモードに切り替えて、エンジンの回転数を保てば、アドレナリンを盛大に分泌するような楽しさを味わえる。

ホンダNSX
ホンダNSX

ハンドリングの変化を確かめるためには、サーキットでの走行が必要となるが、一般道でもそのメリットは感じ取ることができた。発表当初は、ボディが幅広く重たく感じられ、スーパーカー基準としてはどこか柔らかすぎる印象があった。2019年版も基本は同じながら、サスペンションとステアリングの設定には、より鮮明な性格が与えられたようだ。

ステアリングホイールには操舵時の適した重さ与えられ、タイヤからの触感が前面に伝わってくるようになった。クルマの重さもさほど気にならなくなり、バランスが良くなったと感じられる。おそらく横方向のボディの動きが引き締められ、フラットな姿勢を保てるようになったためだろう。本質的なドライビングの体験に大きな変化はないとはいえ、わずかだが、ターンイン時の食いつきも良くなったように感じられる。

 
最新試乗記

人気記事