306psにパワーアップ ミニ・クラブマン・ジョンクーパー・ワークス 試乗

2019.09.15

JCWの名に恥じない熱々のクラブマン

クラブマンは6ドアという個性的なボディスタイルで、リアハッチは観音開きとなる。充分ファミリーカーにもなり得ると思うが、車内空間の広さで比較すると、ハッチバックボディのA35と比較しても特段広いわけではない。観音開きのリアドアは利便性で良いところもあるものの、後方視界には多少の犠牲もある。

価格は、改良前の231psモデルと比較して、英国では3000ポンド(39万円)ほどの上昇となっているが、増強したパワーを考えれば納得できる。非常に幅広いオプションリストで、好みの装備を付け加えているうちに、気がつくと4万ポンド(520万円)を超えてしまうこともあるからご注意を。

ミニ・クラブマン・ジョンクーパー・ワークス
ミニ・クラブマン・ジョンクーパー・ワークス

もしフォルクスワーゲン・ゴルフRやBMW M135iが選択肢として余りにもストレート過ぎると感じるなら、ミニ・クラブマン・ジョンクーパー・ワークスは検討しておきたいモデルだ。左ハンドルのみの設定ながら、今回のフェイスリフトによってぐっと魅力は高まった。

BMW製の親戚、M135iならエクステリアデザインの個性と引き換えに、洗練されたインテリアが付いてくる。ゴルフRは、JCWと同等のハンドリングの刺激を備えつつ、洗練された乗り心地を獲得している。このクラブマンJCWと同じパワーユニットを、実用性で勝るクロスオーバーでも選択できるようになった。

だがミニの他のモデルがそうであるように、クラブマンを好きになったのなら、その主観で選ぶべきなのだと思う。何しろ、JCWのエンブレムに相応しい、熱々のクラブマンが登場したのだから。

ミニ・クラブマン・ジョンクーパー・ワークスのスペック

価格:3万4250ポンド(445万円)
全長:4253mm
全幅:1800mm
全高:1441mm
最高速度:249km/h(リミッター)
0-100km/h加速:4.9秒
燃費:13.4km/L
CO2排出量:169g/km
乾燥重量:1565kg
パワートレイン:直列4気筒1998ccターボ
使用燃料:ガソリン
最高出力:306ps/5000−6250rpm
最大トルク:45.8kg-m/1750−5000rpm
ギアボックス:8速オートマティック

 
最新試乗記

人気記事