PHEVの強みを引き出したSUV メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティックに試乗

2019.10.10

100字サマリー

電気のみで走行可能な距離を充分に確保したプラグイン・ハイブリッドSUVが、GLEの350de。都市部での排気ガスを出さないスムーズな走りだけでなく、実用性の高さも明確な強みといえるでしょう。ドイツ・フランクフルトで評価しました。

もくじ

メルセデス製PHEVとして最大のバッテリー
電気モーターとエンジンとの見事な融合
優れた高級感とPHEVとしての性能
高級SUVを考えているなら検討したい
メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティックのスペック

メルセデス製PHEVとして最大のバッテリー

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

2代目メルセデス・ベンツGLEに最新グレード、350de 4マティックが加わった。メルセデス・ベンツは2020年までに最大20車種のプラグイン・ハイブリッドを提供すると発表しているが、その1台となる。

ディーゼルエンジンに電気モーターを組み合わせ、大型SUVながら最大で98.9kmの距離をEV状態で走行が可能。二酸化炭素の排出量は29g/kmで、理論上の燃費は90.9km/L。英国での発売は2019年10月からだが、税制面でも有利だから注目も高そうだ。

メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティック
メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティック

ドライブトレインの構成は、CクラスやEクラスの300deと共通性が多い。ボンネットには縦置きされる2.0Lの4気筒ターボ・ディーゼルエンジンが納まり、194psと40.7kg-mを発生。9速ATに内蔵された電気モーターが、136psと44.7kg-mと充分なアシストを加える。システム総合では、最高出力319psで最大トルク71.2kg-mとなる。

GLE 400dが搭載する3.0Lの直6ディーゼル・ターボと比べると最高出力は11ps劣るが、トルクはほぼ同値が得られている。メルセデス・ベンツによればGLE 350deの0-100km/h加速は6.8秒で、最高速度は210km/hでリミッターが掛かるそうだ。

搭載するリチウムイオン・バッテリーの容量は31.2kWh。メルセデス・ベンツのプラグイン・ハイブリッドとしては最大の蓄電量を持ち、電気のみで走行可能な距離はWLTP値で89.9km〜98.9kmと長い。最高速度は161km/hまで。多くの人の場合、電気だけで日常の通勤や買い物はまかなえるだろう。

ちなみにBMW X5 xドライブ45eのハイブリッドの場合、システム総合で349psと60.9kg-m、バッテリー容量は24kWh。EV状態で走行可能な距離は87kmと公表されている。

 
最新試乗記