PHEVの強みを引き出したSUV メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティックに試乗

2019.10.10

電気モーターとエンジンとの見事な融合

電気モーターとエンジンとのシステムは見事に融合し、GLE 350deは多様なドライブモードを楽しむことができる。ここまでの動的質感を得ているPHEVは殆どない。アクセル操作に対する洗練性も高まり、場面によってはエンジンで走っているのか電気モーターなのか、気づかないほど。

バッテリー容量も大きく、EV状態で走行できる距離も充分に余力がある。ハイブリッドモードでは、ディーゼルエンジンの入力の切り替わりもシームレス。先進的な9速ATと4マティックが、前後へのトルク配分を最適に保ってくれる。

メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティック
メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティック

ハイブリッドモードでの走行パフォーマンスは堂々としたもの。ふんだんなトルクが力強い加速と、悠々としたクルージングを味わわせてくれる。GLE 350deに新しく搭載されたダイナミックセレクトに任せて走るのが良いだろう。

ただしGLE 350deの車重は2615kgと重く、2つのパワーユニットへの負荷は軽くない。エンジンはフルスロットル時に限らず、力強い加速時には懸命に回転する必要がある。

ブレーキペダルの質感はグッと良くなった。踏み込んでいくと、適切な感触とリニアな制動力が得られ、不安を感じることもない。加えて回生エネルギーとして発電される電気の量も印象的に多い。流石に充電器につなぐ必要は残っているが、4輪すべてを介して減速時のエネルギーが回収されるようになったため、充電器に寄る回数は著しく減るはず。

 
最新試乗記

人気記事