PHEVの強みを引き出したSUV メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティックに試乗

2019.10.10

優れた高級感とPHEVとしての性能

リチウムイオン・バッテリーは、最大で60kWの受電容量を持つ充電器まで対応しており、プラグイン・ハイブリッドのSUVの中では強みといえる。最短で30分でフル充電が可能だと、メルセデス・ベンツは公表している。

ハイブリッド化により増加した重量のおかげで、サスペンションのしなやかさはやや減少。それを補うべくGLE 350deには最新のエアサスペンション技術が搭載され、落ち着いた乗り心地を叶えている。

メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティック
メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティック

ダッシュボードを占めるデジタル・インストゥルメントにインフォテイメント用のモニターだけでなく、インテリアの質感はとても高い。ドライビングポジションやシートも素晴らしく、明確にライバルよりも数段優れた高級感を得ている。

SUVの機能として、最大牽引重量は3500kgと大きい。ステアリング角を自動で調整することで走行安定性を高めてくれる、トレーラー操縦アシストシステムも実装できる。

バッテリーの容量が大きい分、体積も大きく、ラゲッジスペースは140Lほど小さくなった。通常のGLEが630Lなのに対し、GLE 350deの場合は490Lだ。リアシートを折り畳めば1915Lにまで広げられるが、ハイブリッドでなければ2055Lある。

非常に力強いモーターとクラス最大容量のバッテリーを搭載し、ライバルのプラグイン・ハイブリッドでは実現が難しい、EV状態での実用的な行動範囲を獲得している。そこへ、ディーゼルエンジン固有の質実な機能性も併せ持っている。

 
最新試乗記

人気記事