1.4L 4気筒のPHEV フォルクスワーゲン・パサートGTEに試乗 気取らない上質

2019.10.15

GTEにGTIと同等の価値を持たせたい

エンジンは1.4Lの4気筒ターボガソリンで、電気モーターが力を添え、6速デュアルクラッチATを介して前輪を駆動。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式で、リアがマルチリンク式という点にも変更はない。アダプティブ・ダンパーはオプションで選択できる。

フォルクスワーゲンとしては、パサートの「GTE」を「GTI」と同等のブランド価値を持つクルマに高められると期待している。だがGTI並みに活発な走りの楽しさを求めるのなら、恐らく残念な感想を抱くだけだろう。

フォルクスワーゲン・パサートGTE アドバンス
フォルクスワーゲン・パサートGTE アドバンス

このGTIの3文字には、パフォーマンスに対する多大な期待を抱かせてしまう力を備えている。エクステリアデザインもハンサムで魅力的に感じられるが、エキサイティングというわけではないと思う。だがパサートGTEも、充分に好感の持てる中身を持っている。

ハイブリッド化されたパワートレインは、充分に力強い加速力を発揮。郊外の道で追い越しをする際でも大きな不満は感じられない。「GTE」で何より印象的なのが、エンジンが稼働している時の上質さにあるのだ。

バッテリーの充電量に不足がなければ、静止状態からの発進は極めてスムーズ。電気モーターでクルマは進み始め、アクセルペダルを床まで踏み込まなければ、140km/hという高速域までそのまま加速し続ける。

 
最新試乗記

人気記事