1.4L 4気筒のPHEV フォルクスワーゲン・パサートGTEに試乗 気取らない上質

2019.10.15

磨き込まれたパワートレインと乗り心地

右足に強く力を入れるとエンジンは目覚めるが、その介入は至ってシームレス。質感の良い車内は外界との隔離感も高く、一般道で走らせている限りは4気筒ターボが回転している実感もほとんど湧いてこない。

エンジンが活発に動くような場面でも、タコメーターの針はレッドゾーン目掛けて上昇するものの、洗練性や存在感の優れた印象は維持。調律の効いたサウンドを奏でたり、トップエンドのパワーを感じたりするユニットではないが、遠く離れたエンジンが気に障ることもない。

フォルクスワーゲン・パサートGTE アドバンス
フォルクスワーゲン・パサートGTE アドバンス

6速DSGも充分に変速は素早い。電気モーターの回転し初めの強力なトルクも充分に活かせている。さらにGTEは乗り心地も良好。標準装備となるスポーツサスペンションは少しエッジが立つところがあるものの、硬すぎるということはなく、常に落ち着いた印象を与えてくれる。

煮詰められたサスペンションは起伏の多い路面でもしなやかに受け流し、轍や隆起した部分を通過しても綺麗に衝撃を丸めてくれる。低速時に酷い路面を通過すると頭を揺さぶられる傾向にはあるが、不快と感じることはないはずだ。

アダプティブ・ダンパーが追加される、895ポンド(11万円)のダイナミック・シャシーコントロールを選べば、乗り心地はさらに優れる。スポーツモードでは地形の影響を一層上質に制御できるようになるが、コンフォートモードのできが素晴らしい。ダンパーから適度に力が抜け、良好な姿勢制御を保ちつつ、乗り心地の快適性も高めている。

 
最新試乗記

人気記事