[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

ボルボ最速の加速力 ボルボS60 T8ツインエンジンに試乗 PHEV 303ps+87ps

2019.10.17

100字サマリー

足の速いサルーンは欲しいけれど、目立ちたくない。そんな大人にうってつけなのが、新しいボルボS60 T8だとする英国編集部。BMWやメルセデスAMGとは異なる立ち位置ながら、訴求力はかなり高い仕上がりだといえるでしょう。

もくじ

控えめなボディにボルボ最速の加速力
EVのようにスムーズなハイブリッド
ダイナミクス性能と快適性とのバランス
PHEVとしての実力に疑問はない
ボルボS60 T8ツインエンジンのスペック

控えめなボディにボルボ最速の加速力

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ボルボが、控えめなアピアランスを保ったパフォーマンス・サルーンを設定した。しかも電動化技術の導入が加速する中で、他も追従したくなるようなパワートレインの構成となっている。

S60 T8ツインエンジンは、ボルボ量産モデルの中で最も鋭い加速性能を持つ。だがドイツ勢とは異なり、大きなウィングも広げられたフェンダーも、幅広のエアインテークも備わっていない。マフラーカッターは大きいが、フラップ付きの4本出しではない。リアエンドにT8のエンブレムが付くだけだ。

ボルボS60 T8ツインエンジン
ボルボS60 T8ツインエンジン

控えめなデザインだから、一部の読者は興味が湧かないかもしれない。ボルボが目指しているのはBMW M340iの顧客を奪うことではないから、それで問題ないのだろう。大きなサウンドを響かせたり、派手なコーナリング姿勢は必要としない、大人なドライバーがターゲット。

このボルボが「ツインエンジン」と呼ぶ、T8のシステムは既に何度か紹介している。90シリーズやXC60でも、その素晴らしさはわれわれも理解している。

念のため確認すると、2.0Lの4気筒ガソリンエンジンは、ターボチャージャーとスーパーチャージャーによって加給される。トランスミッションは8速ATで、前輪を駆動。さらにプラグイン・ハイブリッドでもあり、後輪駆動用に87psのパワーを持つモーターを搭載する。複雑なパワートレインだ。

2019年仕様のT8には、従来よりもやや容量が大きくなった11.8kWhのリチウムイオン電池を搭載。ボルボによれば、48kmの距離を電気の力だけで走行が可能だという。

 
最新試乗記