[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

8代目はミドシップ 米国では650万 シボレー・コルベット・スティングレイ C8

2019.10.18

100字サマリー

ミドシップ・レイアウトとなった最新コルベットC8。スモールブロックV8はそのままに、飛躍的な進化を遂げたといえるでしょう。米国ではバーゲン価格ですが、日本や英国での価格設定が気になるところ。ミシガン州で評価しました。

もくじ

米国価格は6万ドル(650万円)以下から
デザインや構成はコルベットらしさが残る
コルベットを印象付けるスモールブロック
安定性と安心感が飛躍的に向上
日常的に乗れる高性能スポーツ
シボレー・コルベット・スティングレイのスペック

米国価格は6万ドル(650万円)以下から

text:Mike Duff(マイク・ダフ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
8代目へと進化したシボレー・コルベット「C8」。スペックシートには印象的な数字が並ぶ。特にアメリカでの販売価格は、二度見してしまうインパクトがある。

シボレーのディーラーでコルベットを希望価格で購入すれば、ベースグレードなら5万9995ドル(647万円)で手に入ってしまう。しばらくは人気で難しいだろうけれど。495psのスーパーカーに迫るパフォーマンスを備えたミドシップ・スポーツカーの価格とは思えない。

シボレー・コルベット・スティングレイ(C8)
シボレー・コルベット・スティングレイ(C8)

価格以上の性能を備えたクルマに、バーゲンプライスと表現することは良くあるが、コルベットC8ほどぴったりなモデルもないだろう。

アメリカドルをそのまま為替レートで日本円やポンドに換算した金額で、われわれが購入できる可能性は薄い。様々な要因と思惑が絡んでくる。少なくともアメリカでは、ポルシェ718ボクスターのベースグレード、6万250ドル(650万円)より安価にC8が手に入る。

上級グレードの3LTパッケージを選択すれば、7万1495ドル(772万円)。そこへZ51パフォーマンス・パッケージを追加すると、5000ドル(54万円)の上乗せとなる。スポーツエグゾーストにLSD、大径ブレーキ、エアロキット、ミシュラン・パイロットスポーツ4タイヤが含まれる。

アダプティブ・ダンパーは1895ドル(20万円)のオプション。全部乗せのコルベットでさえ、ポルシェ718ケイマンGTSの8万1950ドル(885万円)で手に入るのだ。

 
最新試乗記