[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

字幕付き動画 最高の小型スポーツカーは? アルピーヌA110vsBMW M2コンペティション

2019.10.22

100字サマリー

今や小型スポーツカー市場は718ケイマンの独壇場とはいえません。今回はアルピーヌA110とBMW M2コンペティションの比較試乗を行いました。ローパワーなA110とハイパワーなM2の間には500kgもの重量差があります。今回はよりスポーツカーらしいA110の勝利となりました。

もくじ

まったく異なるアプローチの2台
シャシー性能で上回るA110

まったく異なるアプローチの2台

アルピーヌA110は、われわれが待ち望んだクルマだ。アルピーヌの復活が発表されて以来、多くの注目を集めている。非常に甘美で満足感が得られ、楽しいクルマだ。対するM2コンペティションは、価格帯こそ同じだが、全く異なるアプローチをとっている。

両車のスペックを比較すると、BMWがパワーでは150psも上回るのに対し、アルピーヌは500kgも軽量だ。この重量差により、2台のパフォーマンスはほぼ同等であり、0-100km/h加速は0.1秒しか変わらず4.5秒程度だ。最高速度も同じく250km/hに制限されている。

ポルシェは718で4気筒に移行してしまったが、M2は今でもストレート6だ。このサウンドは素晴らしく、シャシー性能ではケイマンやアルピーヌにかなわないものの、ステアリングは非常に正確かつレスポンシブだ。乗り心地は固めだが、十分に落ち着いている。

対するアルピーヌは専用プラットフォームとアルミ製ボディを使用し、徹底的な軽量化を追求している。またダブルウィッシュボーン式サスペンションの採用により、コーナーでは若干のロールを許しながら軽快に駆け抜ける。

シャシー性能で上回るA110

以前のM2はこのクルマと基本設計を同一にしながらも、よりマッスルカー的な雰囲気であった。コンペティションになってスポーツカーらしさが増し、繊細さやレスポンスに加え刺激や正確さもより高められている。

しかしハンドリングの出来栄えではA110が一枚上手であった。ターンインでのヨーの発生の仕方がロールの仕方を釣り合っており、非常に満足感の高い走りを見せる。コンパクトなボディで外の視界も良く、ドライビングポジションも素晴らしい。そこそこの速度域でも十分に楽しむことができる。

アルピーヌA110
アルピーヌA110

ポルシェはもちろんこのカテゴリーにおいて優れたミドエンジン車であり、乗り心地も旋回性も非常に高いレベルでまとめられている。しかし、今回の2台もそれに匹敵する出来栄えだ。さらに最近スープラも登場したことで、この市場はますます混迷を極めている。これらを前に718ケイマンは勝ち残れるのだろうか。

M2はコンペティションになってからスポーツ性が増し、よりアルピーヌに近いクルマになっている。しかしそれでもより1つのことに的をしぼって開発されたアルピーヌにはさらなる中毒性があるようだ。これをもって、今回の対決はアルピーヌA110の勝利と結論づけたい。

詳細は動画にてお楽しみいただける。

 
最新試乗記