【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

M史上最強の直6ツインターボ BMW X3 Mコンペティションに試乗 510ps

2019.10.25

Mスポーツ・ドライビングモードも用意

8速ATは、最もアグレッシブなモードを選ぶと変速は瞬間的に完了する。ステアリングホイールに取り付けられたシフトパドルを弾くのが楽しくなる。

ヘッドアップディスプレイには、選んだドライブモードによってはエンジンの回転数も表示してくれる。S58形エンジンのパフォーマンスをしっかり引き出すことを誘ってくれるようだ。

BMW X3 Mコンペティション
BMW X3 Mコンペティション

シフトパドルの横には赤く塗られたMスポーツ・ドライビングモード用のボタンが付く。エンジンやサスペンションなどを個別に設定して登録できるから、望めば最も過激なスロットルレスポンスに、最も柔らかい乗り心地を組み合わせることも可能。

それ以外、基本的にインテリアの雰囲気は標準のX3と大きな違いはない。センターコンソールに、小さなMスポーツのボタンが追加されているが、その程度だ。

キルティング加工された表面のシートは堀が深く、コーナーでもしっかり身体を支えてくれる。ステルヴィオのカーボンファイバー製バケットシートより、長距離移動でも疲れない包み込み感もあって座り心地はいい。

モニター式となったメーターパネルと、最新のインフォテインメント・システム、iドライブは、このクラスでも優秀な仕上がり。アウディのバーチャルコクピットほど自由にカスタマイズはできないが、ロータリースイッチもあり操作性は良い。

 
最新試乗記