マイナーチェンジ レクサスRX 450h Fスポーツ 優れた快適性 ライバルへ接近

2019.10.28

都市部で相性の良いハイブリッドシステム

0-100km/h加速に要する時間は7.7秒と瞬発力は充分だが、CVTがその実力を濁している。ペースを速めて勢い良く走らせようにも、CVTからの唸り声が気持ちを阻害してしまう。

一方で、今回の試乗ルートでもEVモードで走行する場面が何度かあったが、ハイブリッドは都市部での走行との相性がとても良い。数km程度の移動なら、電気だけで走ることも難しくないはずだ。

レクサスRX 450h Fスポーツ
レクサスRX 450h Fスポーツ

レクサスはEVとしての走行距離はさらに長いと説明している。実際、テストコースの一部で検証した結果、66kmの区間のうちEVモードとして走った距離は32%。時間で見ると40%もの間、エンジンは掛かっていなかった。その際のクルマの平均速度は53km/hとなっている。

上質なインテリアのデザインは基本的に変わりはないものの、機能面で改められている。インフォテインメント・システムのタッチモニターはドライバーよりにレイアウトし直され、コントローラーは扱いやすいトラックパッドに変更された。

ダッシュボード中央にはCDプレイヤーが残るが、アップル・カープレイや音声認識機能など、ライバルモデルの水準に合わせたテクノロジーも搭載。BMWやボルボのシステムの方が直感的に操作できるし、見た目もいい。それでもRXのインテリアも、充分にオーナー候補者を惹きつけられる豪奢さは備えていると思う。

 
最新試乗記

人気記事