【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

マクラーレン歴代ハイパーカー比較試乗 F1 vs P1 vs セナ 前編

2019.11.02

驚きの体験 25年の歳月

コクピットでは、つねに手足を忙しく動かしてシフトチェンジを行いつつ、進路を保つ必要がある。そして、ようやく少し視線をメーターへと落とす余裕が生まれると、そこには240km/hといった途方もないスピードが表示されている。

そして、さらなる驚きを体験することになるが、より正確に言えば何も起こらないという驚きだ。

F1登場以降25年分の進化をセナが示している。
F1登場以降25年分の進化をセナが示している。

強力なダウンフォースを生み出す最新モデルと比べれば、F1にはほとんど空気抵抗など存在しないため、このクルマはほとんど変わらぬ勢いで加速を続ける。

その年齢と価値に敬意を表して、それ以上アクセルペダルを踏み込むようなマネはしなかったが、かつてこの車両は386km/hもの速度に達しており、その最高速ははるかにパワフルで新しいP1とセナをも凌駕する。

直線では圧倒的な力強さを感じさせるF1も、コーナーへと舞台を移すと25年分の進歩が徐々に姿を見せ始める。

だが、唯一このクルマでオリジナルスペック外となるミシュランタイヤ(新車当時採用されていたグッドイヤーがすでに入手不可能となっているためだ)が、驚くべきグリップと限界付近での見事なバランスを発揮するのだから、悪いニュースばかりという訳ではないだろう。

 
最新試乗記