[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

試乗 トヨタ新型カローラ/ツーリング セダンとワゴン 価格/サイズ/内装を評価

2019.11.04

100字サマリー

新型カローラを試乗。セダンとワゴン、内燃とハイブリッド。車種・グレードによる走りの違いをレポートします。

もくじ

どんなクルマ?
サイズの話 全幅1745mm
どんな感じ? 後席の使い勝手
新型の走り こう理解しよう
試乗 セダンのS
ハンドリングの作り込み
試乗 WxB スポーティモデル
新サス 劇的な効果
ハイブリッドのメリット
「買い」か?
OPの考え方
新型カローラ/ツーリングのスペック

どんなクルマ?

text:Shigeo Kawashima(川島茂夫)
photo: Keisuke Maeda(前田恵介)

各社各様に命名されているが、新世代プラットフォームの大まかな狙いは共通している。

設計や生産行程、部品の互換性を高めるのが目的であり、具体的にはコストダウン。と記すと利益率優先にも思えるが、ユーザー側にはコスパの向上というメリットがあり、理想論なら「ウィン・ウィン」の関係になる。

ホイールベースを海外仕様に比べ60mm切り詰めた新型の日本仕様。
ホイールベースを海外仕様に比べ60mm切り詰めた新型の日本仕様。

とは言え仕向け地によって事情が異なるわけで、国際市場向けの共通化は弊害も予想される。例えば日本のユーザーにとって日本市場に特化して開発されたほうがユーザーメリットは大きい。そこで重要なのがローカライズだ。

新型に生まれ変わったカローラシリーズの見所の1つは日本市場向けのローカライズにある。最も分かりやすい違いはホイールベースである。

ベースとなるプラットフォームはTNGA-Cだが、欧米仕様のセダン/ワゴン(ツーリング)に比べるとホイールベースは60mm短い2640mmとなっている。ショートホイールベースの5ドアHB(スポーツ)をベースに開発された日本専用のセダン/ワゴン車体なのである。

因みにTNGA-C車をホイールベース別にまとめると、2640mm仕様が国内向けカローラシリーズとC-HR、2700mm仕様がプリウスと欧米向けカローラセダン/ワゴンとなる。

言い方を換えるならTNGAがあればこそ日本市場に特化した新型カローラが誕生したわけだ。

 
最新試乗記