[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

長期テスト フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(8) 英国のGTDはディーゼル版GTI?

2019.11.09

100字サマリー

新しいゴルフが発表されましたが、まだまだ7代目ゴルフは現役です。誕生から40年が経過したゴルフは、今も世界最高のオールラウンド・ホットハッチなのかどうか、長期テストで検証していきます。

もくじ

積算1万8000km インフォテイメント・システムの良さ
積算2万184km ディーゼルエンジンのホットハッチ
ゴルフGTDはグランドツアラー
8代目ゴルフが近づいてきた
積算2万205km 1年間の走行距離
テストデータ

積算1万8000km インフォテイメント・システムの良さ

text:Mark Tisshaw(マーク・ティショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
トップグレードのインフォテイメント・システム、ディスカバー・ナビゲーション・プロには、ジェスチャー・コントロールが付いている。これまでかなりの期間乗っているが、使用したのは2回だけ。

1回目はいろいろ試していた時期で、もう1回は実践的に使ってみたものの、わたしには適さない機能だとわかった。音声認識機能とステアリングホイールの操作ボタンとの組み合わせが良いと思う。GTIにはどちらも付いているから、自分のような人間でも不満を抱くことはない。

 フォルクスワーゲン・ゴルフGTI 7代目
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI 7代目

積算2万184km ディーゼルエンジンのホットハッチ

ディーゼルエンジンを搭載したホットハッチはどうだろう。トルクは太く、カタログ上の性能も優れているが、エンジン音は冴えないし、レブカウンターの半分も回せばパワー感は頭打ち。エンジンも重たいからシャープなハンドリングも期待ほどではない。

ディーゼルのゴルフGTDというモデルが英国には存在する。GTIを長期テストでドライブするようになり、街なかでGTIらしきクルマを意識して見るようになった。だが良くリアハッチを見ると、貼ってあるエンブレムはGTDということが間々ある。183psと38.6kg-mを発揮する2.0Lのディーゼル「TDI」を搭載するクルマだ。

 フォルクスワーゲン・ゴルフGTI 7代目
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI 7代目

わたしが住んでいる英国南部では、ガソリンよりもディーゼルのホットハッチの方が人気なのかもしれない。今どき、ということか。そこで1週間、GTDに試しに乗ってみた。

 
最新試乗記