最高のAMG GT メルセデスAMG GT R プロに試乗 さらなる高みも目指せる

2019.11.30

サスペンションやボディを重点的に改良

シャシーやサスペンションの変更点は多い。コイルオーバーのサスペンションは最上級のもので、スプリングのプリロードやアンチロール剛性、高速側と低速側のダンパーの減衰力も調整が可能。

ロールケージもシート背後に装備。カーボンファイバー製のアンダーボディ・ブレースとともにボディ剛性を高めている。リアサスペンションは完全にリジッドマウントされる。

メルセデスAMG GT R プロ
メルセデスAMG GT R プロ

英国の郊外の道では悲惨な乗り心地を想像するかもしれない。しかしそんなことはなかった。今回の試乗ではGT Rプロをサーキットで走れなかったから、調整可能なサスペンションの振り幅も確かめられなかった。減衰力の調整ノブは手が届くところに付いているが、スプリングのプリロード量やアンチロール剛性は、ホイールを外さないと変えられない。

試乗車の設定はちょうど中間くらいで、硬さと柔らかさを程々に感じられるところ。日常的に走らせたいと思える味付けだった。標準のGTより硬く衝撃も伝わてくるが、バンプを超えても落ち着きが保たれている。

乗り心地としては騒がしく引き締まっているが、充分に煮詰められたもの。ポルシェRSやサーキット向けのロータスにも似た印象だ。キャッツアイや鋭い隆起部分では衝撃が入ってくるし、低速域では細かい振動が絶えない。だが、総体とすれば快適と呼べる範囲だと思う。

 
最新試乗記

人気記事