最高のAMG GT メルセデスAMG GT R プロに試乗 さらなる高みも目指せる

2019.11.30

ドラマチックさを楽しめるV8

特ににぎやかなのはリアタイヤ。サスペンションの入力がロールケージを介して直接車内に届くから、振動だけでなくノイズも大きい。

一方で地形に伴う起伏なら、ある程度のスピードが出ていれば、ダンパーは充分なしなやかさを残している。ホイールアーチギリギリに収まる大径ホイールを考えれば、それほど大きなストロークは期待できない。

メルセデスAMG GT R プロ
メルセデスAMG GT R プロ

サスペンションの動きを想像しながら、これまで運転したメルセデスAMGのGTとしては、最良かもしれないと感じた。もっとも、これまでのクルマはさほど良いとは呼べるものではなかったのだが。

パワートレインは、エンジンの回転数やスピード、レスポンスにおいて、ドラマチックさを充分に持っている。V8エンジンを5000rpm以上回せば、怒り狂ったエネルギーを驚きを持って味わえる。大排気量を活かし、低回転域から高いギア比を保ったままスピードを一気に上げることも造作ない。とにかく速いクルマだ。

トランスアクスル・レイアウトとなる7速DCTは、スポーツ寄りのドライビングモードでは、低速域でシフトショックが強い場合がある。だがコンフォートモードにしておけばスムーズで変速タイミングも予測可能。マニュアルモードならキビキビ選んでいける。

ダイナミクス性能で気になる点といえば、やや過敏気味のハンドリング。通常のGTと同様にフロントタイヤはドライバーのかなり前方にある。そのレイアウトを補うために、可変ステアリングと4輪操舵システムによって、機敏さを高めることを目指している。

 
最新試乗記

人気記事